日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版)

写真:研修会の様子2012年1月21日に、秋葉原ダイビルカンファレンスフロアにて「障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版)」を開催いたしました。

PEPNet-Japanでは、全国の大学で聴覚障害学生支援を担当するコーディネーター同士の連携体制を構築し、互いに密な情報交換ができる体制を作るとともに、ここで得られた情報を全国に発信していくことを目的に、「コーディネーター連携事業」を展開してきました。

その一環として、2010年度・2011年度は、①障害学生支援担当者の実態調査等を通して、こうした業務を担う人材に求められる専門性を明らかにする、②その養成・研修体制の構築を目的に「障害学生支援コーディネーター養成・研修カリキュラム(試案)」を作成する、の2点を行ってきました。このカリキュラムは、聴覚障害学生の支援に特化した専門知識・スキルを深めていくとともに、聴覚に限らずに大学での障害学生支援制度の運営を担うにあたっての基盤となる専門性を向上させていく内容になっています。この研修会では、その「障害学生支援コーディネーター養成・研修カリキュラム(試案)」をもとに開催しました。カリキュラムの詳細は別途「障害学生支援コーディネーター養成・研修カリキュラム(試案)」のページをご覧下さい。

研修会には非常に多くの方々からお申し込みをいただき、会場の都合で参加をお断りした方もいらっしゃいました。当日の会場は満席で歩くのもやっとという状態で、参加者の皆様にはご不便をおかけし大変申し訳ありませんでした。

当日、本研修会を企画したコーディネーター連携事業の代表である岡田孝和氏(日本社会事業大学)からは、挨拶の中で研修会開催に至った背景や目的等が話されました。司会は、コーディネーター連携事業研修班リーダーとして、研修会の企画・準備の中心となってくださった土橋恵美子氏(同志社大学)が担当されました。

コーディネーター連携事業は2011年度をもって解散となりましたが、PEPNet-Japanでは、今回参加された方々から頂戴したご意見をもとに、引き続き「障害学生支援コーディネーター養成・研修カリキュラム」を検討していく予定です。お申し込みいただきました皆様、講師を務めてくださった先生方、そして研修班をはじめとするコーディネーター連携事業メンバーのみなさまに厚く御礼申し上げます。

写真:研修会の様子写真:開会式の様子

2012年3月吉日

日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局


■ 当日の様子 ■

【聴覚障害学生のエンパワメント】
写真:講義の様子最初の講義「聴覚障害学生のエンパワメント」では、宮城教育大学の松?丈先生をお招きした。エンパワメント論は最近よく取り上げられており、“流行って”いるとも言えます。しかし、スキル論に陥ることなく、日常的な会話の積み重ねが大切であることを当事者の立場からお話しいただき、参加者は重いリアリティをもって受け止めたのではないかと思います。当事者からの視点による講義は、エンパワメント論に限らず、今後の研修会で少なくとも一つは取り入れていきたいと感じました。


【情報保障の実際】
写真:講義の様子コーディネーター連携事業代表でもある日本社会事業大学の岡田孝和氏、また、事業メンバーでもある名古屋大学の瀬戸今日子氏に講師をお願いしました。まず岡田氏からは「情報保障をマネジメントする」という視点での講義をいただき、瀬戸氏からは、具体的な事例をもとに、情報保障手段の組み合わせによって支援の幅を広げる大切さについてお話いただき、1時間という短い時間ながらも内容の濃い時間となりました。参加者からは、日常業務の見直しや自分の想定した支援との比較等の気づきのきっかけとなった、という意見が多くよせられ、さらに深く学びたいというご意見もいただきました。


【クレーム対応】
写真:講義の様子企業や大学職員等への研修実績が豊富と評判の株式会社インソースに講師をお願いし、当日は石川利江氏がいらしてくださいました。障害学生支援に特化した内容ではなかったものの、クレーム対応にとどまらない対応のコツをお話いただき、グループワークでは参加者同士の意見交換が活発に行われていました。学生対応の基本を学ぶことができた、他大学の方と意見を交わすことで新しい発見があった、等の感想がよせられ、大変好評でした。


【大学組織理解】
写真:講義の様子広島大学高等教育研究開発センター長の山本眞一先生をお招きし、これからの大学組織と職員の役割に関するご講義をいただきました。大学システムや職員としての役割をはじめ、日本における高等教育の現状にも触れていただき、一大学教職員としてのあり方等を振り返ることのできる内容でした。参加者からは大学人として知っておかなければならないことについて学べたと非常に好評でした。



■ コーディネーター連携事業研修班メンバー ■

事業代表
 岡田孝和(日本社会事業大学)

リーダー
 土橋恵美子(同志社大学)

 伊藤聡知(富山大学)
 瀬戸今日子(名古屋大学)
 高橋真里(群馬大学)
 二階堂祐子(フェリス女学院大学)
 原田美藤(愛媛大学)

※2011年度メンバーのみ掲載。敬称略、代表・リーダー以下五十音順


トップ/ 開催要項参加者の声養成・研修カリキュラム(試案)



会員募集中!

PEPNet-Japanは、平成30年度より新しい体制に生まれ変わることになりました。あわせて、メーリングリストも再編を行っています。
詳細は以下よりご確認ください。

新体制について
新着情報
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学