日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!―

手話通訳ガイドブック表紙 多様な専門分野で学ぶ聴覚障害学生が増えている昨今、手話通訳による高等教育機関での通訳のニーズが高まりを見せています。しかし日本においては、高等教育における手話通訳のあり方に関する取り組みや研究は皆無に等しく、求められる手話通訳像さえ明らかにされていない状況にあります。そこで情報保障評価事業(手話通訳)ワーキンググループでは、高等教育機関における手話通訳に関する研究を進め、その成果物として本冊子を作成しました。

 本冊子では、手話通訳による情報保障を希望する学生に対して、どのような考え方で、どのような技術を用いて通訳を行えば、より聴覚障害学生の教育的ニーズに応じた通訳が実現できるかを、モデル手話通訳DVD付きで具体的に解説しました。手話通訳者にとっては自らの課題や目標を探るヒントに、聴覚障害学生にとっては自分のニーズを再確認し手話通訳者に伝える手がかりとなるものとしてご活用いただけます。


「大学での手話通訳ガイドブック―聴覚障害学生のニーズに応えよう!―」
2012年3月31日発行

<目次>
第1章 座談会:大学で求められる手話通訳とは?
第2章 聴覚障害学生のニーズとは?
第3章 高等教育に対応するための手話通訳技術とは?
第4章 高度専門領域の通訳事例
    田門浩氏(弁護士)、土橋照美氏(手話通訳者)
付 録 大学における手話通訳チェック表

<付録DVD>
「大学での手話通訳ガイドブック―聴覚障害学生のニーズに応えよう!―」
第3章 高等教育に対応するための手話通訳技術とは?
モデル手話通訳DVD


この冊子は無料で配布しております。ご希望の方は、以下の必要事項をお書き添えの上、E-mailかFAXにてPEPNet-Japan事務局にお申込み下さい。

1 大学・団体名 2 担当者氏名 3 担当部署 4 送付先(郵便番号も)
5 連絡先電話番号 6 Eメールアドレス 7 必要部数 8 利用方法

以下からダウンロードして閲覧することも可能です。
 →「大学での手話通訳ガイドブック」
(筑波技術大学リポジトリのページが別ウィンドウで開きます)



発行:筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター

企画:日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
   情報保障評価事業(手話通訳)ワーキンググループ
   ◎吉川あゆみ(日本社会事業大学 社会事業研究所)
    松崎 丈(宮城教育大学 特別支援教育講座)
    白澤麻弓(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)
    石野麻衣子(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)
    中島亜紀子(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)

編集:石野麻衣子(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)
   白澤麻弓(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)

◎は代表、敬称略、肩書きは発行当時


会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学