日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
pc  ビジョン・ゴール・アクションを考える。
 /研修⑥キャリアをデザインする

 

西滝氏
西滝氏
【講演】
講師:
西滝憲彦氏
(全日本ろうあ連盟教育対策部長)
『大学生の間にやってほしい事』
中橋道紀氏
(全日本ろうあ連盟労働対策部長)
『聴覚障害者の職場での問題』

中橋氏
中橋氏
教育や就労の問題を熟知しているろう者コミュニティのリーダーより講話をいただいた。就労においてもコミュニケーションが大きな壁となるだろうことに対して大きな不安を抱えている学生に対して、西滝氏と中橋氏の講話は今からでも遅くないからコミュニケーション力を伸ばすための自己開発に取り組むよう促す内容であった。そして、キャリアデザインワークを始めるための準備運動としても位置づけられた。


【キャリアをデザインする(ワーク・まとめ)】
6_kikaku4  本企画では、10名ずつ2グループにわかれて、それぞれのグループでファシリテーターの進行およびアシスタントのサポートのもと、キャリアデザインを描くグループワークを実施した。ワークでは、受講生自らが約10年後の自分の姿「30歳のわたし(ビジョン)」を設定し、そのために今後取り組むべき課題を整理し、最後のまとめとして発表する場を設けた。ビジョン設定の段階から考え込み、自分に必要なことは何か模索する様子が見られたが、ワークや発表を通して、今後の自分のキャリアデザインについて一考する良い機会となったという声が多く聞かれた。
参加学生の声
「改めて人生設計をする中で見つめ直せる貴重な時間となった」
「自分だけでなく他の人の将来の見通しを知る事は自分の将来を考える上で視野を広げる助けになったと思う」
「お互いのビジョンの情報交換していい刺激になった。自分の将来が明らかになってうれしい」
「考えるのはすごく難しかったが、研修会の内容をふまえてまとめられた。とても良かった。これからの道しるべになります」
「ビジョンをこの場で考えさせてもらうことで自分が今何を考えているのか?どうしたいのか?そのためには?近い将来の見通しを持つことができた」
「自分自身の今後やるべきこと、段取りがうっすらと見えてきた。この企画だけで、この研修会に参加した価値があった」

6_kikaku5 6_kikaku6

研修会概要プログラム各企画(1日目)
各企画(2日目-1)各企画(2日目-2)/ 各企画(3日目)/
参加学生・教職員の3日間の感想報告書



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学