日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
参加学生・教職員の2日間の感想  

活動の様子写真
参加学生の声




「これから自分は何をしたらいいのかわかった。自分がどのような力を持っているのかを知り、これから先どんどん挑戦していきたいと思えるようになった」
「社会に出てからどう障害を伝えていくか体験したり話を聞くことができ、イメージが沸いてきた」
「アクションプランを書いてみて、具体的なイメージが出来た。参加しようかと迷っていたが参加して良かったと思う」
「手話が読み取れなかった時、聞き返すことができるようになった」
「自分を見つめ直すいい機会になった。これからの大学生活をどうするか考えられるようになった」


教職員の声




「普段、大学の中では見ることができなかった学生の言動(考え)にふれ、私たちの支援のあり方を考えさせられた」
活動の様子写真2
「ロールプレイで当事者意識を持たせたり、ディスカッションの際、ボードに付箋紙で個々・グループの意見を貼り、話し合いのプロセスを可視化するなど、学生がより積極的に学びあう活動を、今後も精選して取り入れたいと思った」
「入学時や節目に、障害学生のエンパワメントを進めるとともに、妥当な時期に、例えば健聴学生と聴障学生とが一緒に『他己紹介』や『救命ボート』等のアクティビティーを経験することで、自分の意見を積極的に交流・意思疎通していくモチベーションやスキルをつけていくことができるのではないか。やがて社会に巣立つ双方の学生にとって有意義だと思う」
「聴覚に障害のある学生への窓口等での対応方法をもう一度見つめ直したいと思った」
「学生自身が体験して実感するということの大切さ、学生同士あるいは先輩の話を聞く機会の大切さをしみじみ実感した。1対1でアドバイス、支援するだけでなく、学生自身が自分で発見して世界を広げていけるような機会を多く用意するよう意識していきたい」


聴覚障害学生エンパワメント研修会
研修会概要プログラム研修①研修②研修③研修④
研修⑤夕食・交流会研修⑥、⑦教職員プログラム
参加学生・教職員の2日間の感想/ 事後課題ミニ報告書



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学