日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
平成26年度 地域ネットワーク形成支援事業 東海地区障害学生支援担当教職員研修会 バナー

東海地区の大学間ネットワーク活動について

 東海地区では、2009年に東海地区聴覚障害学生高等教育支援連絡会を開催したことに始まり、これまでも定期的に大学関係者の地域連携や交流の取り組みを進めてきました。
そして、今年度はPEPNet-Japanの協力を得て、東海地区のネットワーク事業として、大学関係者が集まり、情報交換および研修の場を複数設けることができました。
 次年度以降も、東海地区聴覚障害学生支援に関する情報交換会および技術研修会等を開催し、今年度のネットワーク事業の取り組みを継続・発展させていきたいと考えています。
 聴覚障害学生のサポートを各大学単体のみの責任とするのではなく、学生の受け入れと支援体制に関して実績のある大学が、新たに聴覚障害学生を受け入れる大学や、支援体制の充実が途上段階にある大学に、情報提供していく取り組みを継続的に進めていくべきでしょう。東海地区の各大学の聴覚障害学生支援の現状を把握し、技術・情報の共有、相談、交流等が行える場を設け、地域全体で聴覚障害学生支援に取り組んでいく体制を整えていきたいと考えています。
 障害者差別解消法の施行後の聴覚障害学生に対する合理的配慮に基づいた支援を進め、当事者の学生にとって学びやすい環境を整えるためにも、ネットワークの推進活動を継続していくことが望まれます。次年度以降も、今回の活動で出会えた東海地区の皆さまと、障害学生支援に関する研修会を開いて参ります。研修会に関しては、当事者の学生、教職員、支援学生の皆さまの交流が深められるような企画を検討していきます。また、東海地区の大学間ネットワークのmlを新たに立ち上げ、メールによる情報交換を行い、地域連携の輪を広げていきます。
 北海道地区、東北地区、関西地区と同様、今回のネットワーク事業の関係者が手を取り合い、東海地区においても地域の大学連携を深め、聴覚障害学生支援を充実させていきたいと思います。  (岩田吉生 愛知教育大学)


平成26年度日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
地域ネットワーク形成支援 実行委員

高橋 岳之(愛知教育大学教育学部 准教授)
岩田 吉生(愛知教育大学教育学部 准教授)
藤井 克美(日本福祉大学 非常勤教授)
瀬戸今日子(名古屋大学学生相談総合センター 障害学生支援室 コーディネーター)
佐藤 剛介(名古屋大学学生相談総合センター 障害学生支援室 特任講師)
菊池 紀彦(三重大学教育学部 准教授)
実行委員写真 山田 進 (中部学院大学学生課 職員)
中内 駿 (名城大学学務センター総務グループ 職員)
※所属・肩書きは平成26年度当時




トップ第1部報告第2部報告
当日資料・報告書/東海地区のネットワーク活動について


会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学