日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan) FD/SDセミナー ・遠隔情報保障のこれからを考える・ 開催要項

1.目的
 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では、東日本大震災で被災した東北地区の4大学に対して、全国の大学からの協力のもと、モバイル型遠隔情報保障システムを活用して遠隔地からパソコンノートテイクを行う情報保障支援(以下、遠隔情報保障)を提供した。
 この取り組みを通して、遠隔情報保障の有効性が示された一方、この方法を全国的に広めていく際の課題も明らかになった。この課題を解決し、本方式の裾野を広げるために、PEPNet-Japanでは2012年度より遠隔情報保障事業を開始し、遠隔情報保障の実践を重ねるなかで、導入に必要な準備や運用に活かせるノウハウを蓄積し、ガイドライン等の作成を行ってきた。事業の最終年度となる今年度は遠隔情報保障実践を行うモデル校12校と、システムを提供する技術提供校2校の協力を得て、実践経験の多いモデル校を核としたアドバイス体制構築、個人登録の支援者による遠隔情報保障のトライアル等、複数の取り組みを進めている。
 今回のFD/SDセミナーは、4年間の実践で得られた知見やノウハウをもとに、遠隔情報保障の導入や運用に関する事例などを交え、遠隔情報保障に関する情報を広く発信することを目的に開催するものである。

2.日時、会場
日時:2015年8月27日(木)10:00・16:30(受付9:30・)
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス(新宿区西早稲田1-6-1)

3.対象者
 聴覚障害学生支援に関わる大学教職員・大学生、高校生とその保護者など、参加対象者は以下のいずれかを満たす方とします。
 ・遠隔地からパソコンノートテイクを行う情報保障を現在運用している。
 ・遠隔地からパソコンノートテイクを行う情報保障の導入を検討している。
 ・遠隔地からパソコンノートテイクを行う情報保障に興味・関心がある。

4.定員
 100名程度(定員に達し次第、募集を締め切る。なお、当日参加は受け付けない。)

5.参加費
 無料

6.主催、共催
主催:日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
   国立大学法人 筑波技術大学
共催:早稲田大学 障がい学生支援室

7.プログラム

9:30・ 受付
10:00・10:45 全体会①
 PEPNet-Japan 遠隔情報保障事業について
 ・事業の概要説明
 ・システムの概要紹介
10:45・11:00 移動・休憩
11:00・15:30 分科会(1つを選んで参加、12:00・13:30まで昼食休憩を挟む)
※各分科会の詳細は表の下に記載。
■入門分科会
「遠隔情報保障の導入に向けて」
■実践分科会
「運用事例から考える遠隔情報保障の今後」
■学生対象分科会
「学生の視点で遠隔情報保障について考えよう」
※15:00・15:30は個別相談ならびにシステムの実機体験となります。学生対象分科会を見学していただくこともできます。
15:30・15:45 移動・休憩
15:45・16:30 全体会②
 ・パネルディスカッション「遠隔情報保障の強みを活かした聴覚障害学生支援」

各分科会の詳細
■入門分科会「遠隔情報保障の導入に向けて」
想定している対象者:遠隔情報保障の概要を知りたい、あるいは導入を検討したい大学教職員等
概要:遠隔情報保障を導入するために必要な条件や環境整備について考える。
 ・導入前の留意点
 ・遠隔情報保障システムの導入・実施事例の紹介
 ・遠隔情報保障の実現に向けて必要な準備
登壇者:池谷航介氏(大阪教育大学)
    及川麻衣子氏(宮城教育大学)
    毛利友美氏(群馬大学)
    志磨村早紀氏(早稲田大学)

■実践分科会「運用事例から考える遠隔情報保障の今後」
想定している対象:遠隔情報保障の運用経験を持つ大学教職員等
概要:今後の遠隔情報保障のあり方や可能性について協議する。
 ・遠隔情報保障運用事例の紹介
 ・今後の遠隔情報保障の展望に関する議論
登壇者:田中啓行氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)
    新國三千代氏(札幌学院大学)
    金澤貴之氏(群馬大学)

■学生対象分科会「学生の視点で遠隔情報保障について考えよう」
想定している対象:遠隔情報保障システムを知りたい学生、高校生とその保護者等
概要:遠隔情報保障を含む様々な情報保障手段とその活用方法を学ぶ。
 ・システム体験
 ・運用経験のある利用学生、支援学生からの話題提供
 ・小グループによるディスカッションならびに発表
登壇者:小谷佐智子氏(大阪教育大学)
    太田琢磨氏(愛媛大学)
    ?橋岳之氏(愛知教育大学)
    愛媛大学 学生
    大阪教育大学 学生

※情報保障(手話通訳、パソコンノートテイク)を配置いたします。その他の配慮が必要な場合は、お申し込みの際にお知らせください。

■申し込み
 ページ下部にある参加申込書・事前アンケートをダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、8月26日(水)必着にて、郵送・fax・E-mail のいずれかの方法で下記宛にお申し込みください。
 なお事前アンケートは、ご参加くださる皆様が持っていらっしゃる遠隔情報保障に関するイメージ等を事前に把握するとともに、分科会選択の目安としても活用いただけるよう作成しています。分科会の選択に迷われた際には、アンケートの結果も参考にして、ご検討ください。
 分科会の参加希望状況等により、事務局から分科会の選択についてご相談させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。



開催要項

 開催要項はこちらからダウンロードできます。
→開催要項のダウンロード(PDF)

参加申込書・事前アンケート

 参加申込書・事前アンケートはこちらからダウンロードできます。
→参加申込書・事前アンケートのダウンロード(word)

申し込み先・問い合わせ先
〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局 (担当:五十嵐・河野)
 電話・fax:029-858-9438
 E-mail:requestアットマーク画像pepnet-j.org
  ※迷惑メール防止のため、全角文字、「@」を画像にしています。
  全て小文字、半角英数字で入力し直し、「@」を入れて送信して下さい。
(上記アドレスをコピーするだけでは送信できませんのでご注意ください)



会員募集中!

PEPNet-Japanは、平成30年度より新しい体制に生まれ変わることになりました。あわせて、メーリングリストも再編を行っています。
詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学