日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

第14回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム

 2018年10月28日に、早稲田大学(東京都新宿区)を会場として、「第14回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム」を開催しました。また、前日10月27日には、前日特別企画としてワークショップ企画3テーマ、早稲田大学キャンパスツアー、学生交流企画を実施いたしました。
 当日は全国の大学教職員・学生等476名(関係者含む)にご参加頂き、全体テーマである「対話」について、様々な視点で皆様と議論が重ねられました。たいへん多くの方々にご参加頂きまして、心より感謝申し上げます。


【セッション企画】
 午前中には実践事例コンテストや教職員実践発表、ショートセミナー(3テーマ)や各種展示など複数の企画を並行して行うセッション企画を行いました。

■聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2018
コンテスト会場の様子 全国の16大学・団体から応募を頂き、情報保障に関する創意工夫や、チームの力で運営する支援者養成や交流企画など、さまざまな取り組みについて発表されました。趣向を凝らしたポスターを作成したり、説明・発表の方法を工夫するなど、より多くの人に日々の取り組みについて知ってもらおうという熱気にあふれていました。
→『聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2018結果発表』のページはこちらから

■教職員による聴覚障害学生支援実践発表2018
教職員実践発表の様子 全国の9大学の教職員の方々にご応募頂き、日頃の聴覚障害学生支援実践についてご発表頂きました。教職員を対象とした企画のため、各大学での先進的な事例や新たな取り組みの紹介、さらには実践研究的な報告もあり、参加者との情報交換がじっくりと行われていました。


■ショートセミナー
 3つのテーマでのセミナーを実施しました。いずれの会場も熱気にあふれ、席が足りなくなるほどご参加を頂きました。

ショートセミナー1の様子 ショートセミナー1では、日本社会事業大学での実践について、「情報保障支援者の養成に関する先駆的な取り組み―当事者が支援者になること」をテーマに、斉藤くるみ氏(日本社会事業大学)・岩田恵子氏(日本社会事業大学)・平山彩美氏(日本社会事業大学卒業生/公立ろう学校教諭)よりご講演頂きました。「当事者が支援すること」について学生時代の困難やこれまでの学び等の実体験を元にお話を頂き、聴覚障害当事者が支援者となることの意義を再確認できる機会となりました。

ショートセミナー2基礎講座の様子 ショートセミナー2では、「基礎講座 建設的対話から始まる障害学生支援―合理的配慮の基本とは?―」をテーマに、山本篤氏(関東聴覚障害学生サポートセンタ−)司会のもと、太田琢磨氏(愛媛大学 バリアフリー推進室)よりご講演を頂きました。大学入学前後の初回面談でのポイントから、合理的配慮決定のための建設的対話のあり方についてまで、障害学生支援を始められたばかりの方にとっても分かりやすい内容でお話を頂きました。

筑波技術大学企画の様子 ショートセミナー3は、「聴覚障害学生が輝く大学教育―筑波技術大学産業技術学部の取り組み―」をテーマに、主催校である筑波技術大学の教員4名(谷貴幸氏・井上正之氏・山脇博紀氏・守屋誠太郎氏)から筑波技術大学での様々な取り組みについてご紹介頂きました。特別支援学校との高大連携の取り組み・アクティブラーニングの実践事例・つくば市との連携事業であるUD(ユニバーサルデザイン)研修・専攻内での学年を超えたグループ学習の実践・体験授業と、筑波技術大学ならではの聴覚障害学生が主体となる学びのあり方について様々な情報をお届けしました。

■「関連団体活動紹介」
 関連団体活動紹介 会場内の様子大学間・関連機関間のネットワークの形成・活性化に寄与することを目的として、活動紹介(展示)を実施しました。参加者へのご対応のみならず、大学と聴覚障害者支援・情報保障支援に関わる各種団体が、相互に活動の様子を知り交流を深められる機会となりました。

 ご出展頂いた団体は下記の通りです。(順不同)

  • 日本財団 ※PEPNet-Japan協力機関
  • 東京大学 障害と高等教育に関するプラットフォーム形成事業(PHED)
  • 京都大学 高等教育アクセシビリティプラットフォーム(HEAP)
  • 東京手話通訳等派遣センター
  • 就労移行支援事業所 いそひと大手町
  • 全日本ろう学生懇談会
  • 株式会社 自立コム
  • フォナック補聴器

■「筑波技術大学 機器展示・活動紹介」

筑波技術大学 活動紹介の様子1 筑波技術大学の教員・大学院生による研究や活動の紹介を実施しました。筑波技術大学での様々な取り組み紹介の他、最先端の研究に基づく情報保障支援ツールに触れることのできる場として、会場は大変賑わいました。

 展示の内容は以下の通りです。
  • 国立大学法人筑波技術大学 産業技術学部 高大連携プロジェクト
    (筑波技術大学産業技術学部 谷貴幸教授)
  • 東京都立葛飾ろう学校「文泉こどもクラブ」における筑波技術大学の取り組み
    (筑波技術大学産業技術学部 守屋誠太郎講師・産業技術学部4年 土屋智彦)
  • アクティブラーニングの実践/つくば市職員のためのユニバーサルデザイン研修
    (筑波技術大学産業技術学部 山脇博紀教授)
  • 情報科学の取り組み 学年を超えたプロジェクト
    (筑波技術学大学産業技術学部 井上正之准教授)
  • 遠隔情報保障システム「T-TAC Caption(ティータック キャプション)」
    (筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 三好茂樹教授)
  • 筑波技術大学 活動紹介の様子2
  • ウェブベース遠隔文字通訳システム「captiOnline(キャプションライン)」/障害者スポーツ競技観戦に対する情報保障の提案
    (筑波技術大学産業技術学部 若月大輔准教授)
  • 聴覚障害児の環境音認知のために聴覚的記憶形成を支援するシステム
    (筑波技術大学大学院産業技術学専攻2年 加藤優)
  • クラウドソーシングによる手話文字通訳のためのタスク設計に関する研究
    (筑波技術大学産業技術学部4年 田中康平)
  • 筑波技術大学産業技術学部紹介
  • 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター紹介

 展示スペースではこのほかに、PEPNet-Japan活動紹介として正会員大学・機関紹介パネルや、PEPNet-Japan成果物の展示などを行い、多くの方が足を止めてご覧になっていました。

【全体会】
全体会 開会行事の様子 全体会はPEPNet-Japan事務局長である白澤麻弓の司会進行により進められました。最初に日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク代表及び筑波技術大学長で、シンポジウム大会長を務めた大越教夫より開会の挨拶を行い、ご来賓としてご列席頂いた文部科学省高等教育局学生・留学生課の金井学厚生係長からのご挨拶を頂きました。続いて共催校である早稲田大学スチューデントダイバーシティセンターの三神弘子センター長よりご挨拶を頂きました。この他、後援を頂いた独立行政法人日本学生支援機構より頼本維樹学生生活部長、その他筑波技術大学役職者をご紹介しました。

■全体会企画
全体会の様子 「『対話』がみちびく質の高い支援―聴覚障害学生支援のスタンダードを探る―」をテーマに、映像を用いて具体的な対話例を示しながら聴覚障害学生と教職員の「対話」のあり方について議論を行いました。司会に中津真美氏(東京大学バリアフリー支援室)を迎え、講師として田中啓行氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)、藤島省太氏(宮城教育大学)、吉川あゆみ氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)が登壇し、大変意義深いディスカッションがなされました。まず3名の講師から、コーディネーター、聴覚障害当事者、教員それぞれの視点に立って、対話例の映像についてポイントが解説されました。その後、支援学生と意見を交わしやすい文化を創っていくこと、大学側が聴覚障害学生に寄り添い、納得感の得られる対話の進め方が大切であることなど、示唆に富んだディスカッションが行われました。
企画を通し、対話を基盤として実行される支援こそがこれからの支援のスタンダードである、ということが改めて確認された貴重な時間となりました。

 全体会の最後には、本シンポジウム実行委員長を務めた筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター佐藤正幸センター長の「来年も元気でお会いしましょう」という挨拶で幕を閉じました。

 

 また、シンポジウムに先駆けて10月27日(土)には、前日特別企画を実施しました。各企画の概要を報告します。

【ワークショップ】
■「当事者研究をやってみよう!」 ワークショップ1の様子
 参加対象:聴覚障害学生
講師:松丈氏(宮城教育大学)
    綾屋紗月氏(東京大学)
 概要:聴覚障害学生が、自身の抱える困りごとについて言語化することを通し、問題点の整理と解決策の検討を行いました。

■「作ろう支援の大三角―みんなの視点を支援でつなぐ―」 ワークショップ2の様子
 参加対象:支援学生・聴覚障害学生・教職員
 講師:杉中拓央氏(小田原短期大学)
志磨村早紀氏(早稲田大学)
黒田泰氏(早稲田大学)
秋元麻氏(元支援学生)
川口雅史氏(元支援学生/(株)スポーツITソリューション)
 概要:聴覚障害学生・支援学生・教職員の混合グループの中で、事例検討を通じてお互いの見ている世界の違いを理解し、より良い支援を考えるきっかけとなるよう企画を実施しました。

■「体制整備のその先にある課題とは?」ワークショップ3の様子
 参加対象:教職員
 講師:金澤貴之氏(群馬大学)
  白澤麻弓(筑波技術大学)
 概要:障害学生支援の体制が発展してもなお、解決が難しく残される支援上の課題について、参加者から事前に寄せられたアンケートをもとに整理するとともに、今後の支援のあり方についてディスカッションを深めました。



【早稲田大学キャンパスツアー】
 早稲田大学キャンパスツアーの様子早稲田大学の伝統的な校舎や特徴的な施設について、学生ガイドの案内で見学しました。文字による支援を希望した参加者への情報保障として、「モバイル型情報保障システム」を活用した文字情報支援を行いました。



【学生交流企画】
 早稲田大学の学生を中心に企画された学生交流企画では、全国の学生約70名にご参加頂きました。食事を忘れてディスカッションに夢中になるほど盛り上がり、学生間の親睦を深める貴重な機会となりました。
学生交流企画の様子1学生交流企画の様子2


 本シンポジウムの開催にあたり、企画コーディネーター、講師等、多くの方々にご協力頂きました。また、ご参加頂きました皆様にも厚く御礼申し上げます。
 各企画の詳細につきましては、今年度末に発行予定の報告書に掲載いたしますので、完成まで今しばらくお待ち下さい。

2018年11月14日
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局


第14回シンポジウムトップ/開催要項当日資料・報告書コンテスト結果発表
コンテスト開催要項コンテストFAQ教職員実践発表
前日特別企画 会場アクセス参加者の声



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学