日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

講座内容(要旨)①

①ノートテイカー養成の基礎

 講師 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 白澤麻弓

全国大学・短大の33.0%に聴覚障害学生が在籍しており、そのうち約半数でノートテイクによる支援が実施されている。これに対して、パソコン要約筆記の実施割合は、聴覚障害学生が在籍している大学の13.6%、手話通訳は18.8%。そのほか本講座でも利用している遠隔情報保障なども今後広がってゆくかもしれない。
また、最近では支援体制の組織化が進んでおり、6・10%の大学・短大で障害学生支援委員会が設置されている。さらに、ノートテイカーの養成については、大学の授業内での養成(例:広島大学など)や、年間を通した計画的な養成を図る(例:同志社大学など)などの工夫が行われており、今後ますます増加していくことが望まれる。
→pptファイルのダウンロード(PDF)
ノートテイカー養成の基礎ppt1ノートテイカー養成の基礎ppt2ノートテイカー養成の基礎ppt3



②情報保障の意義と聴覚障害理解
 -聴覚障害学生への理解と情報保障について-

 講師 関東聴覚障害学生サポートセンター 吉川あゆみ

聴覚障害と言っても失聴の時期や聴力などによってコミュニケーション手段や求めるサポート内容が異なるため、状況に応じて必要なサポートが変化し、かつ複数の多様なサポートが求めれる。また、個人の中でもサポートに対する受けとめ方が変化していくものであり、その段階に応じたサポートが必要である。一人ひとりの聴覚障害学生に合わせたサポートを提供していくことで、聴覚障害学生は自分にあった生き方というものを選択できるようになるのではないだろうか。
→pptファイルのダウンロード(PDF)
聴覚障害学生への理解と情報保障についてppt1聴覚障害学生への理解と情報保障についてppt2聴覚障害学生への理解と情報保障についてppt3



 -ノートテイクの利用体験-

 講師 関東聴覚障害学生サポートセンター 中島亜紀子

利用体験の目的は「文字を通して授業を受ける体験をノートテイクに活かすため」であり、「聞こえないことの疑似体験」ではない。進め方にはいくつかの方法がある(今回はノートテイクを見ながら授業を受ける体験を実施)が、いずれにしても終了後に体験を整理することが重要である。体験をどうノートテイクに活かすかを受講生に投げかけ、考えてもらう時間をとりながら進めてほしい。
→pptファイルのダウンロード(PDF)
ノートテイクの利用体験ppt1ノートテイクの利用体験ppt2ノートテイクの利用体験ppt3


開催要項 / プログラム / 講座内容① / 講座内容② / 講座内容③ /
質疑応答① / 質疑応答② / 質疑応答③ / 参加者の声 / 当日配布資料



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学