日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

遠隔情報保障システム「T-TAC Caption」
システム・利用登録・トラブル対応に関するFAQ  2020年5月1日公開

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、多くの大学でオンラインで授業を行う方針が打ち出されています。聴覚に障害のある学生には、自宅で授業を受ける際にも授業の音声情報が得られるよう、情報保障などのサポート体制が必要です。
ここでは、遠隔情報保障システム「T-TAC Caption」についてお問い合わせが多い内容について、順次掲載しています。ご参考にしていただけると幸いです。

(最終更新日 2020.5.25)


【システムについて】

Q.T-TAC Captionとはどんなシステムですか?
A.通常は同じ教室内などで行っている連係入力によるパソコンノートテイクを、離れた場所同士でも実現できるシステムです。インターネット接続したパソコンから専用のウェブサイトにログインし、入力を行うことができます。
 また、オンライン授業に対応すべく公開した利用者用WebUserでは、パソコン画面で入力された字幕を見ることが出来ます。非常にシンプルな構成ですので、初めて使う方でも難しい操作をせずに導入できます。

Q.自動音声認識で文字化できますか?
A.T-TAC Captionは、自動音声認識には対応しておりません。複数の入力者で聞いた内容を要約しながら打っていく、パソコンノートテイクのシステムです。

Q.使用できる時間は決まっていますか?
A.24時間ご利用いただけます。ただし、メンテナンスのために一時的にアクセス先を変更していただく場合がございますが、利用登録いただいている皆様には事前にアナウンスをさせていただきます。

Q.音声・映像の配信はできますか?
A.オンライン授業の場合には、配信されている授業を利用者・支援者共にログインして情報を見聞きしてご利用いただく方法でご利用ください。
 タブレット版を利用する場合には、音声・映像(資料の確認程度)をタブレットで取得し、入力者に届けることができますが、対面授業の場合の利用方法となります。

Q.ログの保存は出来ますか?
A.保存する方法はありますので、システム利用申請者より事務局にお問い合わせください。ログの保存・利用については、各学校・団体の方針に応じてご対応いただきたいと思います。

Q.授業のログはサーバーに蓄積されますか?
A.いいえ、サーバーには蓄積されません。全員が接続先サーバーからログアウトした時点で、その時間の全てのログはリセットされますので、筑波技術大学からログにアクセスすることもできません。


【利用登録について】

Q.個人でも利用できますか?
A.利用に際しては、原則として授業を実施する大学等の高等教育機関から申請をいただき、利用許諾をお出ししています。
 その他小学校・中学校・高等学校、教育委員会、文字通訳団体等からのご相談にも応じています。
 利用者・入力者ともに個人でのお申込みは原則受け付けておりません。ご所属の機関・団体を通してご連絡ください。

Q.申請の際には、大学には了承をとらないといけないのでしょうか?
A.本システムの利用により、履修登録をしている学生以外の支援学生・入力者が授業の音声を聴取することになります。そうした状況を授業担当の先生や、学内の支援担当部署の方が把握されていないまま情報保障を実施する状況は避けていただきたいですし、望ましい支援のあり方ではないと考えています。
 そのため、「システムを利用する大学の支援担当者」にも利用規約をご覧いただき、システム利用に同意して頂いてから利用していただくよう、大学からも申請書をご提出頂くようにお願いしております。

Q.1度申請すれば、ずっと使えるのですか?
A.ご担当者との連絡が確実に取れるよう、年度ごとに申請書をご提出いただいています。
 また、毎年度末に利用実績の報告をお願いしておりますので、ご協力よろしくお願いします。

Q.申請書はどこからダウンロードできますか?
A.事務局にお問い合わせください。個別にお送りしています。

Q.申請をしてから、どのくらいで使用できるようになりますか?
A.各大学・団体専用IDの発行までに約1週間お時間をいただきます。WebUserならびに入力者用ウェブサイトは、ID発行後すぐにご利用いただけます。

Q.利用にあたって、費用はかかりますか?
A.利用登録は無料です。筑波技術大学がサーバーの維持・管理およびシステム開発を担当しています。
 利用に係る通信費、情報保障者への謝金等は各大学でご負担ください。

Q.利用申請をすれば、情報保障もお願い出来ますか?
A.情報保障者の手配・派遣は筑波技術大学・PEPNet-Japan事務局では行っていません。


【システム利用方法や利用中のトラブルについて】

Q.ウェブブラウザを開いてもログインができません
A.いくつかの原因が考えられます。
 1.Adobe Flash Playerの使用を許可する設定はできていますか?
 2.安定したインターネットに接続できていますか?
 3.パスワードは正しく入力できていますか?
 4.T-TAC Captionのウェブブラウザをリロードして、ページを新しい情報に更新しましたか?
 これらで解決できない場合、接続しているネットワーク環境が原因かもしれません。支援担当部署の方を通してPEPNet-Japan事務局までお問い合わせください。

Q.ログインしたら前の時間の字幕情報が残っています。どうしたら消えますか?
A.T-TAC Captionのウェブブラウザをリロードして、ページを新しい情報に更新してください。キーボードでは“F5キー”を使用するとリロードができます。
 また、きちんと「切断」をしないままウェブブラウザを終了させた端末がある場合や、授業時間をまたいで同じ接続先サーバーにアクセスしている端末があると、前回使用した情報が残っている場合もあります。
 利用を終了する場合には必ず「サーバー接続を切断してからページを閉じる」こと、授業時間をまたいで利用する場合には、T-TAC Captionのウェブページを開いた後に“F5キー”を押してページをリロードしてからログインする、または履歴を削除してから接続すると、不具合が防げるでしょう。

Q.連係相手の入力ウィンドウに文字が表示されません。
A.原因がいくつか考えられます。
<文末の入力文字が見えない>
 入力が長文になると、文末の文字が連係相手には見えなくなってしまいます。短い交代をしながら連係入力するようにしてください。

<相手の入力が見えない(カーソルが入力を奪っている)>
 同じ接続先サーバーにログインしている人のマウスカーソルが、自分以外の入力者が使用している入力ウィンドウに重なっている場合、入力している文字が見えない場合があります。マウスカーソルは確定文にフォーカスし、入力ウィンドウを選択しないようにしておきましょう

<ChromeでT-TAC Captionを開いていない>
 T-TAC Captionを開くウェブブラウザがChrome以外の場合には、入力ウィンドウが表示できない場合があります。特にMicrosoft Edge、Safariの場合には入力ウィンドウが他の入力者に表示されないことを確認していますので、ご留意下さい。

<Chromeのバージョンアップをしていない>
 Chrome等のウェブブラウザは不定期でバージョンアップされています。新しいバージョンに更新することでトラブルが解消する場合もあります。

Q.ウェブブラウザをタブレットで開いても、T-TAC Captionシステムにアクセスできません。
A.タブレットで利用するには、専用のアプリのインストールが必要になります。
 WebUserまたは入力者ウェブブラウザをWindowsまたはMacなどのパソコンから開いてご利用ください。

Q.途中で接続が切れてしまいます。
A.接続しているネットワークが不安定なのかもしれません。特にWi-Fi(無線)接続をしている場合には、途中で接続先が切り替わってしまう場合もあり、そのタイミングで接続が切れてしまいます。繰り返し接続が切れてしまい、安定した利用が難しい場合には、有線LANで接続するようにしましょう。それでも改善しない場合には、支援室の方に相談してみましょう。

Q.オンライン授業の音が聞こえません。
A.オンライン授業対応のT-TAC Captionの使用方法では、T-TAC Captionからは音声・映像を送っていません。また、WebUserでログインしている場合には、音声の送受信機能はありません。オンライン授業で利用するweb会議システム(Zoom、Google meet、Skype等)も同時に立ち上げてログインし、音声を取得して下さい。
 web会議システムを立ち上げてもオンライン授業の音声が聞こえない場合には、利用しているWeb会議システムの音声選択や、パソコンのオーディオの状態(ヘッドホンがミュートになっていないか)を確認してください。

Q.画面から消えた字幕を見返したい。
A.WebUserで表示している場合は、字幕を戻して見ることはできませんが、文字サイズを小さくすることで、直前に字幕表示画面から消えた文字は確認することができます。
 何度もスクロールして見たい場合には、タブレット版を利用することをお勧めします。

Q.前の時間に使ったチャットが残っているようです。
A.チャットは「クリア」ボタンを押すまで残っています。最後にログアウトする人が「クリア」する/確認が終わったら「クリア」するなど、ルールを決めてご対応頂けると良いでしょう。

Q.WebUserからも入力は出来ますか?
A.はい、入力者もこのWebUserから入力して頂けます。
 ただし、以下の機能はご利用頂けませんのでご留意下さい。
 ・T-TAC Captionでの音声・映像の取得
 ・単語リスト・確定文の置き換え
 ・4名以上の同時入力者の表示(入力ウィンドウの5・6はありますが、画面のどこかに重ねて表示させる必要があります)


このページの先頭に戻る前のページに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEW「オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集」をリニューアルしました!

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
お問い合わせ
Copyright (C) 2005-2021 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学