日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
オンラインコンテンツ集ロゴ

9 対面授業で感染防止策をとりながら支援したい


【対面授業での遠隔情報保障の活用】
対面でおこなわれる授業でも、ひきつづき感染防止の対策を十分に講じることが求められます。聴覚障害学生が授業に参加する際の情報保障支援については、複数人の人員を配置する、同室や隣席で支援する、支援機器を共有する場合があるなど、その支援の特性上、感染対策の観点から実施が難しい場面も生じてくる可能性があります。このような場合、対面で行われている授業の場であっても、オンライン授業で実施するような遠隔情報保障の方法を活用することができます。
そこで本資料では、対面授業における遠隔情報保障の活用について解説しています。

【資料】対面授業での遠隔情報保障の活用(2021.9.20公開)
対面授業での遠隔情報保障の活用

【対面授業での感染対策と情報保障支援】
対面授業やキャンパスライフでは、感染防止の対策としてマスクの着用が求められますが、一方で、聴覚障害学生のコミュニケーションの面では、マスクで口元や表情が見えないことが大きなバリアとなり得ます。また、教室に定員を設定したり席の間隔を空けたりするため隣席での情報保障支援ができない、補聴用のマイクや入力用のパソコンなど支援用の機器を共有できないといった問題も生じます。
そこで本資料では、十分な感染対策を講じながら、聴覚障害学生が安心して授業やコミュニケーションに参加できる環境づくりを目指した、対面授業での感染対策と情報保障支援について解説しています。

【資料】対面授業での感染対策と情報保障支援(2021.9.20公開)
対面授業での感染対策と情報保障支援

【参考】
【リンク】Phonak COVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連情報
オンラインでの補聴システムの活用方法のほか、感染対策に関する情報や手話・字幕付き動画、関連サイトへのリンク集も掲載されています。


<メニュー>
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集トップ
1.収録された授業映像や動画教材に字幕を付けたい
2.リアルタイム配信の授業で離れた場所からパソコンノートテイクを行いたい
3.リアルタイム配信の授業で離れた場所から手書きノートテイクを行いたい
4.リアルタイム配信の授業で離れた場所から音声認識字幕の修正作業をしたい
5.リアルタイム配信の授業で離れた場所から手話通訳を行いたい
6.オンライン授業が聞きやすくなる補聴援助システムを活用したい
7.情報保障支援の補助として文字情報を提示したい
8.見やすい方法で快適にオンライン授業に参加したい【利用学生向け】
9.対面授業で感染防止対策をとりながら支援したい
10.わかりやすいオンライン授業をおこないたい【教員向け】
11.参考になるコンテンツ


オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新しています。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
お問い合わせ
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学