日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
オンラインコンテンツ集ロゴ

10 わかりやすいオンライン授業をおこないたい【教員向け】


【聴覚障害学生にとってのオンライン授業とは】
オンライン授業が全国的に導入されてから、障害の有無に関わらず学生にとってわかりやすい効果的なオンライン授業のあり方について、各方面で研究や実践が重ねられて来ました。
では、聴覚障害学生がオンライン授業で感じる主な困難にはどのようなものがあるでしょうか。本資料では、聴覚障害学生にとってのオンライン授業について解説しています。

【資料】聴覚障害学生にとってのオンライン授業とは(2021.9.20公開)
聴覚障害学生にとってのオンライン授業とは

【音声関係の工夫】
オンライン授業の音声の聞き取りやすさは、授業をする際のマイクの使い方に左右されます。
静かな場所で授業を行う、口元で音声を拾える外付けマイクを使う、など小さな工夫で、ノイズを減らすなどの改善が可能です。
収録されたオンデマンド授業に、音声認識機能を使って字幕を付与するケースもかなり増えてきていますが、音声が明瞭に収録されていないと誤認識が増えてしまい、修正作業の手間が大きくなってしまいます。
音声をはっきり収録すればこうした問題も解消していくことが期待できます。
詳しくは、以下の資料をご参照ください。

【資料】オンデマンド授業の収録・オンライン授業の工夫(音声編)(2021.2.25公開)
オンデマンド授業時の収録・オンライン授業の工夫(音声編)

【資料提示の工夫】
オンライン授業は聴覚障害学生にとって、授業映像や資料、字幕などたくさんの視覚情報を処理しなければならないため、目の負担が大きくなるという声が多く聞かれます。そこで、少しでも視線の移動を減らす方法として、Zoomのバーチャル背景にMicrosoft PowerPointのプレゼンテーションを表示させる方法があります。
この資料ではその方法について説明しています。

【資料】Zoomのバーチャル背景にプレゼンテーションを提示(2021.9.9公開)
Zoomのバーチャル背景にプレゼンテーションを提示


<メニュー>
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集トップ
1.収録された授業映像や動画教材に字幕を付けたい
2.リアルタイム配信の授業で離れた場所からパソコンノートテイクを行いたい
3.リアルタイム配信の授業で離れた場所から手書きノートテイクを行いたい
4.リアルタイム配信の授業で離れた場所から音声認識字幕の修正作業をしたい
5.リアルタイム配信の授業で離れた場所から手話通訳を行いたい
6.オンライン授業が聞きやすくなる補聴援助システムを活用したい
7.情報保障支援の補助として文字情報を提示したい
8.見やすい方法で快適にオンライン授業に参加したい【利用学生向け】
9.対面授業で感染防止対策をとりながら支援したい
10.わかりやすいオンライン授業をおこないたい【教員向け】
11.参考になるコンテンツ


オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新しています。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
お問い合わせ
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学