日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

質疑応答①(当日の回答分)

ここでは、講座当日に行った質疑応答の内容を掲載します。限られた時間で手短に回答したものには、補足をしてあります。


q1.支援の利用に対して消極的な聴覚障害学生に対しては、どのように働きかけたらよいのでしょうか。事例があれば教えて下さい。

a.瀬戸今日子(同朋大学学務課障害学生支援室)
質疑の様子(瀬戸氏)これについては、「情報保障の意義と聴覚障害理解」の中でも触れていましたので、ここでは、コーディネートする側で留意することをお答えします。
「情報保障を付けたくない」という学生に対しては、少しずつコミュニケーションをとっていくことが重要です。同じく聞こえない先輩や友達でノートテイクを利用している学生がいたら、「案外あるといいよ」と、さりげなく勧めてみるといった働きかけが大切です。

中でも、特に困っている授業があれば、「その授業だけ、一度でいいから付けてみない?」と勧めることから始めます。
「ノートテイクを利用しないのはいけないことだ」という立場をとるのではなく、他の聞こえない学生がノートテイクを利用している背景には、ノートテイクが便利なものだという理由があるからではないか、と徐々に本人が感じ取っていけるような関わり方をしていくことです。

そして、この次が大事なポイントです。利用学生にはじめてノートテイカーを派遣するとき、ノートテイカーはできるだけきちんと書ける人を派遣してください。最初の印象として、少しでも「ノートテイクを付けたらいつもよりわかった」という感触をもってほしいからです。講義がいつもよりわかったとか、おもしろくなってきたという感覚が持ててこそ、利用する数を増やしてみるという次のステップに進んで行けるのです。


q2.聞き漏らしたり聞き違えた可能性のある単語について、「?」をつけたり「(空欄)」で開けたままにしておくことが本当にいいのでしょうか。文として完結したものを伝えたほうが読みやすいのではないですか。また、そのように空欄にしてある部分については、誰が質問しに行くのでしょうか。

a.吉川あゆみ(関東聴覚障害学生サポートセンター)
質疑の様子(吉川氏)単語を聞き漏らしために「?」を付けるという対処ですが、おそらく地域の要約筆記ではこのような方法を使うことは基本的にはないと思います。こういった曖昧な表記は使わないというのが一般の要約筆記者の中では常識なのではないでしょうか。

しかし、大学という場におけるノートテイクでは、その「?」もぜひ使って欲しいと思っています。大学というのは学習の場であって、最終的にレポートや試験があるということを考えると、やはり授業中には欠かしてはならない情報というのがあるわけです。
もし、その情報を聞き漏らしたにもかかわらず、空白部分や「?」も記載されない状況になると、聞こえない学生にとっては「情報が漏れた」ということすら伝わらないわけです。そうなると、わからない部分を先生に聞きに行くきっかけすらつかめなくなってしまいます。

これに対して、もし下線等の表記があれば、それによって、聞こえない学生は「ここにも何か情報があったんだ」ということがわかり、自分で友達に聞いたり、先生に確認するなど、何らかの対処をすることができるのです。そのため、いくら読みやすい文章になっていたとしても、情報に漏れがあり、かつ下線や「?」がない場合のほうが、利用学生にとってはノートテイカーに対する不信感につながる可能性があるのではないでしょうか。

教員の話は早くまた難易度も高いので、書き漏らしたこと自体には、ノートテイカーに責任があるとはいえないと思います。ノートテイクにはどうしても限界があり、こうした情報の漏れは避けることができないからです。
けれども、もし書き漏らした後、情報が漏れたということが伝えられず、利用学生がまったく気づかないままその問題がテストに出て、学生が答えられなかったとしたら、その責任はノートテイカーにあると言っても良いのではないかと思います。ですから重要な情報が書ききれなかったと感じたときには、必ず書けなかったということも情報として伝えてほしいと思います。

しかし、単語ではなく段落などのまとまりがごそっと書けないことが続くようなら、聞き取りの練習をするとか、書く練習をするとかもう少し訓練が必要となるのではないかと思います。


q3.ノートテイクのルールやマナーに関して、利用学生として気をつけなければならないこととは、具体的にどういうことですか?

a.吉川あゆみ(関東聴覚障害学生サポートセンター)
これについては、「大学ノートテイク入門」のp127に細かい情報が書かれているので、ぜひ、そちらをご一読いただければと思います。
基本的にはノートテイクされたノートを、自分のノートのように友達に貸したりしないとか、通訳は自分が個人的に依頼するのではなく、コーディネータを通して頼むものだよというようなことです。その他いろいろなルールが書かれているので、参考になれば幸いです。


q4.ノートテイクの例の中で、カタカナの言葉に下線が引いてある箇所がいくつもありました。これは漢字の言葉をわざとカタカナで書いたという意味ですか?漢字で書く必要はないのでしょうか。

a.中島亜紀子(関東聴覚障害学生サポートセンター)
時間を有効に使うため、画数の多い漢字の言葉はカタカナで書き、下線を引いて「本来は漢字で書くべき言葉です」というマーキングをする方法が、大学のノートテイクではよく用いられます。読みやすさの観点で言えば、すべて正しい漢字で書かれているほうがカタカナ書きよりも見やすいのは確かですが、ノートテイクの現場では、“少しでも遅れずに1文字でも多く書き伝える”ことが最優先される場面のほうが、多いのではないでしょうか。
同音異義語や初出の言葉はできるだけ漢字で書いたほうが伝わりやすい場合もありますが、情報量を増やすために、カタカナ書きは有効な方法と言えます。
このほかにも、遅れずに書くための方法があります。「大学ノートテイク入門」p59・にその一例が載っていますので、参考になさってください。


q5.「ノートテイクの実際」の見やすい座席位置について説明では、2列目に座っている図がありました。いつも最前列に座るようにしていましたが、2列目のほうが見やすいのでしょうか。

a.中島亜紀子(関東聴覚障害学生サポートセンター)
説明の中でお伝えしたかったのは、「聴覚障害学生にとって、もっとも見やすい席はここ」という1つの答えはない、ということです。教室の広さや形、窓の位置、使用する教材、先生の声の大きさ、受講する学生の数、様々な要因によって見やすい座席は変わってきます。
一番前で先生の様子が良く見えたほうがよい場合もありますし、他の学生やビデオ、ohpが広く視野に入る席がよい場合もあるでしょう。 聴覚障害学生本人はもちろん、ノートテイカーは、先にあげた様々な要因から総合的に判断していくことが求められます。


q6.芸術系の大学で、写真や美術の作品を合評する授業があります。芸術を専門としていないノートテイカーの場合、専門用語が話されてもうまく伝達できません。こういった実習でのノートテイクは、どんな方法を取ればよいのでしょうか。

A.太田晴康(静岡福祉大学情報福祉学科)
質疑の様子(太田氏)このような実習の場合、授業の中身によってかなり対応は異なり、個別的になるのではないでしょうか。 今、この場でお答えできるのは、1つはテイカーだけが情報保障の責任を負うのではなく、まずは教員の配慮が必要ではないか、ということです。
例えば、授業の進め方として、複数の人が一斉に発言することがないよう進行の交通整理をすることも重要です。あるいは、情報保障手段として手話通訳が適当なのか、テイカーがいいのか、両方必要なのかといったことを、学生とのコミュニケーションを通じて決めていくことも必要だと思います。

その専門分野の知識が必要とされるという点については、ノートテイクの担い手を、研究室の院生や研究員に依頼するというのも1つの方法かと思います。

こういった分野での情報保障の経験がある方は、ぜひPEPNet-Japanに情報をお寄せください。事務局で情報を集約し、ホームページ等で発信していきたいと思います。


q7.音声認識による情報保障について教えてください。

A.白澤麻弓(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター)
質疑の様子(白澤氏) 音声認識の認識率は、以前と比べ格段に向上しています。今のところ、きちんとトレーニングをして、機械にあわせた話し方をすれば、90・95%の認識率がでるといわれています。但し、90%ということは、1割、つまり10文字に1文字は間違いが生じるということなので、この数字には注意が必要です。さらに、音声認識では人間による入力では有り得ないような間違いを起こします。そのため、音声を聞きながら見ている人にとっては、そこそこ文字情報が伝わっているので大丈夫ではないかと安心しがちなのですが、実際には機械任せで情報を伝えるのは難しく、そのまま情報保障手段として用いることは避けてもらいたいのが現状です。

しかし、だからといってまったく用いることができないかというとそういうわけではありません。今、実際に有望な方法として試行的にいくつかの大学で用いられているのは、話を聞きながら音声を復唱して機械に伝えるオペレーターと、そこで出てきた誤認識を修正する修正担当の2人を間にはさんで字幕を作成するという方法です。これであれば、認識率が上がるだけでなく、最終的に人間の目を通す形になるので、安心して情報保障を行うことができます。

いずれにしても、吉川の報告にあったとおり、きちんと情報保障の質を評価できるろう学生、支援者、専門家があってこそ生きてくる技術であり、またその3者がそろっていればすばらしい可能性を秘めた技術でもあるので、今後の発展が期待されます。


開催要項 / プログラム / 講座内容① / 講座内容② / 講座内容③ /
質疑応答① / 質疑応答② / 質疑応答③ / 参加者の声 / 当日配布資料



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学