日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q.国立大学では、聴覚障害学生支援に関わる予算的な補助はどのようになっていますか? (平成30年度以降)


国立大学への障害学生支援のための補助金としては、平成24年度から平成29年度まで、一般経費の中に「障害者向け情報発信促進等経費」という項目があり、一定の条件を満たせば、障害者の受入や相談に従事する教員を1名配置するための経費が交付されていました。上記の期間中にこの経費の交付が開始された大学については、平成30年度以降も一般経費に組み込む形で、教員1名分の人件費に相当する経費の交付が継続されています。

平成24年度以降、障害学生支援はすべての大学が取り組むべき課題であるとの考え方に立ち、予算配分のあり方もそれ以前の方法から大きく見直しが図られてきました。現在も国は同様の考え方に立ち、上記の通り障害学生支援に関わるものを「一般経費」の枠組で交付しています。
障害学生数や必要な支援が年々変動する状況であっても、運営費交付金に組み込まれた金額で不足する場合は大学が責任を持って必要な予算措置を行い、支援体制を整備・充実させることが求められているわけです。



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学