日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q パソコンノートテイクとはどのようなものですか?

■どのように行われますか?
文字提示のためにパソコンを利用します。
最も簡単な手法として、ワープロソフト等を用いて文字を入力し、その画面を聴覚障害学生に提示する方法でも支援は可能です。一般的には専用ソフト(IPtalk、まあちゃん等)とLANを用い、入力者のパソコンで入力された文字を表示用のパソコンにネットワークを介して送信し、その画面を聴覚障害学生に提示します。
また、聴覚障害学生が複数参加している場合や場所を特定できない場合には、プロジェクターで表示用パソコンの文字情報を大きく投影して、見てもらうような方法もとることができます。複数人で担当する場合には、担当者の数に応じた台数プラス1台(表示用)のパソコンが必要です。また、各パソコン間の通信には、ハブやLANケーブルといったネットワーク用の機器(市販製品)も利用します。

■どの程度の情報量を伝えられますか?
手元を視認しないで入力する「タッチタイピング」を習得すれば、1分間あたり120・180文字程度(熟練者であれば200・250文字程度)の入力が可能となります。さらに、1文を複数人で入力する連携入力を用いれば、原文の8割程度を伝えることも可能になります。
習得にはある程度の訓練を必要としますが、熟達すればかなりの情報量が伝達可能なため、ノートテイクに並んで積極的に活用したい方法のひとつです。

TipSheet「文字による支援方法」三好茂樹より
(2007/11/30)


参考になる資料
パソコンノートテイクについては、以下のTipSheetに概要がまとめられています。

チップシート「パソコンノートテイク その特徴と活用」1チップシート「パソコンノートテイク その特徴と活用」2

TipSheet「文字による支援方法 ⑬」
三好茂樹(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター准教授)

 文字による支援とは?
 ノートテイク
 OHPを用いた手書き要約筆記
 パソコンノートテイク
 速記による支援
 音声認識による支援
 遠隔地での支援
 おわりに
→ダウンロード(pdf)



チップシート「手話通訳による支援1(大学への登録制度)」1チップシート「手話通訳による支援1(大学への登録制度)」2

TipSheet「パソコンノートテイク その特徴と活用 ⑮」
太田晴康(静岡福祉大学社会学部教授)

 文字による適切な配置
 1人要約入力と連係入力
 ノートテイクの評価
  →ダウンロード(pdf)


この他参考になる資料・書籍には以下のようなものがあります。

■パソコンノートテイク導入支援ガイド
 やってみよう!パソコンノートテイク【試行版】

パソコンノートテイク導入支援ガイド表紙

「パソコンノートテイクをはじめたいけれど、どうしたらいいかわからな い・・・」そんな声にお応えして、パソコンノートテイクの導入に必要な知 識をまとめたマニュアルを作成しました。本書では、支援を始めるために必要な機器からパソコン同士の接続・設定、入力の基礎までを、一から順を追ってわかりやすく解説しています。
つまずきやすいポイントの解説やトラブルシューティングも充実しています ので、一度チャレンジしようとしてあきらめた方もぜひご覧ください。
→ダウンロードはこちらのページから

《目 次》
 【体験!パソコンノートテイク】

  • パソコンノートテイクとは?
  •  
  • パソコンノートテイク体験
  •  
  • パソコンノートテイクの練習
  •  
  • パソコンノートテイクの実際

【これで完璧!パソコン接続・設定】
  • パソコン同士の接続
  •  
  • ネットワークの設定
  •  
  • よくあるトラブルと解決方法
  •  
  • IPtalkのインストールと機能紹介



パソコン要約筆記入門

■パソコン要約筆記入門「聞こえ」を支えるボランティア
 太田晴康著
 人間社(1998年)
http://www006.upp.so-net.ne.jp/haruyasu/framepage10.html
現在絶版となっていますが、著者のサイトで内容が公開されています。

1.基礎編
 (1)パソコン要約筆記とは・目的
 (2)情報保障について・パソコン要約筆記の利点、必要機材
 (3)パソコン要約筆記活動の5つの原則
2.技術編
 (1)要約方法
 (2)「聞き方」のポイント
 (3)授業におけるパソコン要約筆記
 (4)要約練習の方法とポイント
3.資料編
 (1)主な活動の流れ
 (2)活動に当たってのチェックリスト
 (3)パソコン要約筆記の評価シート例
 (4)実技練習申込書の例
 (5)実技練習に際してのご注意例
 (6)情報保障についてのお願いの例
 (7)パソコン要約筆記講習会の企画書の例


会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学