日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

事例1 早稲田大学の例
 3.支援者の募集

(1)募集方法

 募集方法には以下のようなものがあります。

 ■学内のポータルサイト
 ■各箇所での掲示や各箇所hpへの掲載
 ■ボランティアセンターメーリングリスト
 ■連携大学へのpr
 ■クチコミ
 ■教員からの紹介

最近はクチコミでの参加も多くなりました。活動中のノートテイカーが友達を呼んでくるという例が増えています。また語学などの専門性を要する講義では教員に依頼をして、大学院生を紹介してもらう場合もあります。

早稲田大学ノートテイカー養成講座案内→クリックで拡大(pdf)
 ノートテイク講座案内

早稲田大学pc通訳講座案内→クリックで拡大(pdf)
 pc通訳講座案内

(2)必要人数の設定

募集にあたってあらかじめ目標とする募集人数を設定します。
空き時間が合わないなどの理由から、講座参加者全員が活動できるとは限りません。
また支援者の欠席などに対応するためにも、多くの支援者の登録が必要です。
ここで設定した目標人数が、募集方法や講座の実施回数・時間等を検討する際に重要な判断材料となります。

例えば、13コマにノートテイクが必要な場合、約34人の支援者が必要ということになります。(下記計算式参照)これは、支援者の実働率を75%と想定した場合です。

  1コマ2名 × 13コマ ÷ (想定実働率75%) =  約34人必要


→ このページの先頭に戻る
→ 「はじめての聴覚障害学生支援」メニューに戻る



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学