日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業バナー
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

事例2 東京大学の例
 1.東京大学におけるノートテイクの方法


東京大学では、パソコン入力によるノートテイクを行っています。

ノートテイカーが、2人1組で、聴覚障害学生の隣に座り、IPtalk(要約筆記用ソフト)を用いて、連携入力をし、聴覚障害学生は、目の前に置かれた表示専用のパソコンで、入力された文字を読むという方法です。ノートテイカーは、主に学生が担当しています。
※3台のパソコン(ノートテイカー2名分+聴覚障害学生分)をLAN接続

また、ノートテイクと併用し、授業後の必須事項として文字起こしも行っています。これにより、他の学生と同等の情報を提供することができています。文字起こし作業も、学生が担当しています。


用語説明

ノートテイク
 聴覚障害学生に、授業内容や教室の様子を、リアルタイムで文字に変えて伝える方法。用紙に筆記をする「手書きノートテイク」や、パソコンに入力をする「パソコンノートテイク」などがある。

ノートテイカー
 ノートテイクを行う人。

IPtalk
 アイピートーク。要約筆記用ソフト。IPtalkホームページから無料でダウンロードできる。

連携入力
 2名のノートテイカーが、音声の文節ごとに交互に入力する方法。LAN接続により、一方のノートテイカーの入力中の文字が他方のノートテイカーのパソコン画面に表示されるので、それを見ながら、文章がつながるようにタイミングを見計らって入力する。

文字起こし
 ノートテイクのログ(パソコンノートテイクの際に入力されるデータ)を元に、授業で録音した音声を聞きながら、すべての音声情報を文字に起こすこと。


参考になるページ

はじめての聴覚障害学生支援連係入力によるパソコンノートテイクのページ画像
→はじめての聴覚障害学生支援 情報保障の方法 2.パソコンによるノートテイク(2)連係入力によるパソコンノートテイク


→ このページの先頭に戻る
→ 「はじめての聴覚障害学生支援」メニューに戻る



会員募集中!

PEPNet-Japanでは、会員を募集しています。
会員特典や申込方法などの詳細は以下よりご確認ください。

会員募集
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学