日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


1. お互いを知る

みんなの知恵で芸術作品を!「写真撮影」

 グループのメンバーで力を合わせ、与えられたテーマにそって写真を撮ってまわるオリエンテーリング型の活動です。グループの中で創意工夫しながら、個性的な写真を撮り、できあがった作品を発表し合います。
 グループ活動が中心になるため、互いに確実にコミュニケーションを取り合うことが求められます。また、聴覚に障害があると、集団での議論に参加する経験が少なくなりがちですが、本活動では、グループの中で積極的にリーダーシップを取ったり、テーマに沿って自分の意見を表明するなど、参加者1人1人が議論の担い手になれることを目指しています。

◎ねらい
・本研修がグループ活動を基本とすることを理解させる。
・グループでの話し合いが成立するためには、確実なコミュニケーションが非常に重要であることを知る。
・聴覚情報だけでなく視覚情報等を活用し、相互に理解可能なコミュニケーションを取ることの重要性を理解する。
・自分の意見を述べるときやプレゼンテーションを行うときの基本的な方法を確認する。

◎時間
60分

◎役割及び人数

役割 人数 留意点
講師 1名 グループ活動の内容を把握しており、時間調整に慣れていることが望ましい。
アシスタント 4名 各グループについて、必要に応じたアドバイスを行う。
参加者 20名程度 4・5名ずつグループに分かれる。

◎方法  詳細は指導計画を参照
<ルール>
1.30分の制限時間以内に、グループごとに与えられたテーマに沿った写真を撮影する。
2.テーマは5つあり、撮影スポットも5つ定められている。
3.テーマと撮影スポットを自由に組合せ、メンバー全員で力を合わせて創造性のある写真を撮影する。

<進め方>
1.全体が体育館などの広いスペースに集まり、進行方法を確認する。講師は、スライドを用いて参加者全体にルールを伝え、これから何を行うのかを周知する。
2.グループごとに定められた撮影スポットを探し、そこに合うテーマを選んで自由にその内容を表現し、デジタルカメラを用いて写真撮影を行う。
3.撮影時間は30分間とし、時間がきたら再度体育館等のスペースに集合する。
4.参加者が戻ってきたら、撮影した写真のデータを回収し、全員そろったところで撮影した作品を発表する。
5.写真はプロジェクタ等でスクリーンに投影し、メンバーの代表者にテーマとコンセプトを説明してもらう。

◎留意事項
・この活動は、モニュメントや小高い丘など、特徴的な場所が複数点在しているところで実施することが望ましい。大学のキャンパスなどが最適な例である。
・動きやすい服装、履きなれた運動靴を学生に準備させる。
・屋外での活動となるため、夏場に開催する場合は、熱中症を起こさないように、注意をうながす必要がある。
・グループの中には、撮影スポットがどこにあるかある程度知っているメンバーが含まれていることが望ましいが、それが難しいときには地図などをつけてもよい。
・プロジェクターを使うときは、屋外であっても十分にスクリーンが読めるよう光度の強い機械を用意する。
・講師・アシスタントは参加者の体調に留意するとともに、コミュニケーション面で取り残される学生がいないかどうかをチェックする。コミュニケーションに関する詳細は実践例を参照のこと。

指導計画 指導教材 実践例

→ みんなの知恵で芸術作品を!「写真撮影」/指導計画へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→エンパワメント支援の実践例/「お互いを知る」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学