日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


1. お互いを知る

サバイバル!「救命ボート」

 決められたテーマにそってより深くディスカッションをすることで、確実なコミュニケーションの重要性とグループで意見を一つにまとめていく際の方策について学びます。
 これまでの活動よりも、内容がより複雑になるため、参加者ひとりひとりがディスカッションに参加し、確実に情報を取るとともに、皆にわかるように自分の意見を発表することが求められます。また、グループでのディスカッションをリードしたり、話し合った内容をホワイトボードにまとめるなど、積極的に議論を整理する姿勢も必要です。
 聴覚障害のある学生は、こうしたグループでの本格的な議論をとりまとめる経験が不足していることも多いので、バランスのとれたディスカッションができるよう互いにサポートしあえることを目指しています。

◎ねらい
・グループでより複雑な内容について議論を行うことで、ひとりひとりが確実にコミュニケーションを取ることの重要性を学ぶ。
・自分の意見を積極的に述べるとともに、他の参加者の意見を聞き、グループでの話し合いに自分がどのように貢献できるかを考える。
・ディスカッションを通して、異なる意見を持つ人々と対話し、一つの方向性を見いだしていくための議論の取りまとめ方を学習する。

◎時間
70分

◎役割及び人数

役割 人数 留意点
講師 1名 グループ活動の内容を把握しており、時間調整に慣れていることが望ましい。
アシスタント 4名 各グループについて、必要に応じたアドバイスを行う。
参加者 20名程度 4・5名ずつグループに分かれる。

◎方法  詳細は指導計画を参照
<ルール>
1. 大嵐で豪華客船が沈没したという設定で、残った10人が最終的に全員生き残るための方法をグループごとに考え、発表する。場面設定は以下の通り。
 ・ 大海原で豪華客船が沈没した。
 ・ 生き残ったのは全部で10名で、2隻の救命ボートに分かれて乗っている。
 ・ 救命ボートはいずれも定員5名で2隻しかなく、1隻はエンジンが壊れていて走行できない。
 ・ エンジンの力は弱く、二つのボートをつなげてひっぱることはできない。
 ・ そのため10名のうち5名がエンジン付のボートを使って陸を探し、助けを求めに行く。
 ・ 生き残った10名のプロフィールは使用教材の通り。
 ・ 全員が生き残るためには、誰がエンジン付のボートに乗るとよいか?
2. グループでの話し合い時間は40分。ワークシートやホワイトボート等を用いて、全員が話し合いに参加できるよう工夫する。
3. 発表は各5分。複数名で協力しながら行い、参加者全員がわかるように伝える。

<進め方>
1. 体育館などの広いスペースに集まり、進行方法を確認する。この際、場面設定が十分イメージできるよう、講師がサインマイム※などを用いて状況を伝えるとよい。
2. 各グループでは、与えられた場面設定に基づき、誰がエンジン付のボートに乗るか?誰がエンジンの壊れたボートに乗って助けを待つか?を話し合う。
3. 話し合いには必ず全員が参加するものとし、それぞれホワイトボードを使いながら話し合った内容をまとめる。
4. 終了後、グループごとに話し合いの結果とそのように考えた理由を発表する。
5. 講師・アシスタントは発表内容を聞き、最後にどのグループの内容が最も説得力があったかを評価する。

※サインマイム:手話とパントマイムを組み合わせた表現。手話を利用する「ろう者」の芸術として親しまれており、「ろう文化」の代表的な例でもある。

◎留意事項
・場所は、体育館ないし50名以上入れる教室・講堂(床が平面)で実施するのが望ましい。
・ホワイトボードは、それぞれ向かい合うように配置し、グループでの話し合い時には背面側を使用することで、互いに他グループの内容を気にせず、話し合いに集中できるよう留意する。
・発表時には、ホワイトボードを内側に向け、全員が内容を見られるように工夫する。
・ホワイトボード用マーカーは黒だけでなく、赤色、緑色、青色などいくつかの色を用意しておきたい。
・講師・アシスタントはコミュニケーション面で取り残される学生がいないかどうかを注意深く見守り、その場に参加できていない学生がいる場合には、どうしたらよいかグループで考えさせるよう支援する。

指導計画 指導教材 実践例

→ サバイバル!「救命ボート」/指導計画へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→エンパワメント支援の実践例/「お互いを知る」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学