日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


3. 就職レディネス

どう説明する?「職場でのニーズ」

 多くの聴覚障害学生は、社会に出たときの不安として「職場できちんと情報が得られるかどうか」を挙げますが、これは実際に大切な問題です。就職後は、情報を得るための環境を自ら作っていかなくてはなりません。
 そこで、会議場面を想定したロールプレイを行うことで、この状況を擬似的に体験します。これにより、自分にとってどのような環境が必要か、またそれをどのように伝えればよいのかを学びます。

◎ねらい
・自分で情報を得るために必要な環境を考える
・状況に応じて必要なサポート方法を判断し、相手に伝わるように質問・説明・交渉する方法を学ぶ
・相手や場面に応じた適切なコミュニケーション方法の選び方や円滑な話の進め方について学ぶ

◎ 時間
40分

◎ 役割及び人数

役割 人数 留意点
講師
(進行役)
1名 聴覚障害学生支援や聴覚障害者の就労に関する知識のある者が望ましい。
同僚の社員役 3・5名 上司、先輩、同僚など、様々な立場の人を配置するため、性別や年齢がばらばらであることが望ましい。
社会人モデル 1名 聴覚障害を持つ社会人。日常的に健聴者に囲まれて働いている人が望ましい。学生のロールプレイ後に、モデル演技を提示する。
受講生 10名程度 2グループに分かれる。

◎方法   詳細は指導計画を参照
<進め方>
1.講師より、ロールプレイの場面設定について説明する。場面設定は以下の通り。

新入社員として配属された係で出席する初めての会議。聴覚障害があることは事前に周知されている。自分が会議に参加するために最も良い環境を考え、それを伝える。
2.説明された場面設定に基づき、何を、どのように伝えればよいかグループで協議する。
3.ロールプレイを実施する。
4.聴覚障害をもつ社会人によるモデル演技を提示する。
5.自分たちのロールプレイにどのような問題点、改善点があったか検討する。
6.まとめ

◎留意事項
ロールプレイでは直接コミュニケーションを行う。ロールプレイ参加学生以外の、観察学習の学生向けには情報保障を配置する。

指導計画 指導教材 実践例

→ どう伝える?「職場でのニーズ」/指導計画へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→ エンパワメント支援の実践例/どう伝える?「職場でのニーズ」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学