日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 実例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

社会で活躍する先輩たち

福島太郎さん写真

ろうあ者相談員
札幌聴覚障害者協会 理事

福島 太郎氏 - ふくしま たろう

TARO FUKUSHIMA

プロフィール

 高校までの教育歴:乳児・小学部4年 聾学校、小学5年・高校 普通校
 出身大学名・専攻:酪農学園大学酪農学部農業経済学科
 職務内容:ろうあ者相談員(聴覚障害者の日常生活上の諸問題の相談、指導、助言をしています)

 INTERVIEW -  インタビュー

― 大学の時の様子について教えてください。

  私は大学に入学した当初、先生の口頭のみの講義に内容が理解できず、途方にくれていました。あるとき、近くの大学の知人に、ノートテイクという手段があることを教えてもらったのです。それから、すでにノートテイクの制度がある札幌市内の大学の手話サークルの学生と相談し、アドバイスしてもらいながら、「ノートテイクの制度を作ってほしい」と大学と交渉を進めました。大学2年のとき、ノートテイクの制度を作ることができた時にはほっとしました。初めて受けたノートテイクでは、先生の話の内容、口調、教室の雰囲気などを、文字を通して知ることができ、その時の感動は忘れられません。

― 聴覚障害学生にとって役に立つ地域のリソースを教えてください。

  先に述べた通り、私が大学で学ぶ環境を変えることができたのは、他の大学の聴覚障害学生や健聴学生という社会的資源=リソースにつながれたことがきっかけだと言えます。
  聴覚障害者にとって役に立つ地域のリソースには、様々なものがあります。例えば、ノートテイクの制度を作りたいとき、相談できるリソースとして、ろう学生懇談会があります。就職活動をする上では、ハローワークが役に立ちました。卒業後、生活する上で困ったことがあれば、ろうあ者相談員に相談することができます。聴覚障害者に関する情報は、地域の情報提供施設や聴覚障害者協会に集まっているので、これらの資源に参加することで、さらに活用できる資源を紹介してもらうこともできます。

― 学生へのメッセージをお願いします。

  学生時代も、社会に出てからも、聞こえないことで壁にぶつかることはあると思います。聞こえないから仕方ないと思うのではなく、どうしたいのかを自分の心に問いかけ、自ら調べ、他の人に相談し、行動することが大切です。地域のリソースに、臆せずに飛び込んで行きましょう!

→ 社会で活躍する先輩達/米谷美津子氏(銀行・小樽ろうあ協会)へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学