日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


2. 支援の活用

学んでみよう「補聴システム」

 情報保障手段の中には、聴覚を活用する方法も存在します。特に補聴器は、日常的に使用している学生がほとんどでありながら、その仕組みや機能、トラブルへの対応方法を知らない学生も多く、正しい知識の習得が求められます。また、音に対する理解も重要で、同じ聴覚障害のある学生同士で個々の聞こえ方や音に対する認識を話すことで、自分自身のきこえに関する理解につながります。さらに、親元を離れて生活をする際には、トラブル時に対応可能な補聴器店の情報や、活用可能な福祉制度についての知識も必要になるでしょう。
 本研修では、こうした補聴システムについての学習をすることで、自分のきこえの状態をよりよく理解するとともに、個々の状態にあわせた補聴システムの活用を目指します。

◎ ねらい
・補聴器や補聴システムについての基本的な知識を得るとともに、トラブル時の対応や活用可能な福祉制度等について学習する。
・聴覚障害のある学生同士で聴覚障害の程度やきこえの状態について話をすることで、自分自身のきこえについてより認識を深める。
・自らのきこえの状態に適した補聴器や補聴システムについて知識、情報を得る。

◎ 時間
30分

◎ 役割及び人数

役割 人数 留意点
講師 1名 チェックリストに沿って学生から意見・体験を引き出したり、補聴器に関する解説を行う。
補聴器をはじめとする補聴システムや補聴器フィッティングの知識がある専門家が望ましい。
受講者 5名

◎方法   詳細は指導計画を参照
1.講師は、スライドを用いて参加者全体にこれから何を行うのかを伝える。
2.「補聴器マイスターチェック」の10項目を用いて、自らの補聴器に関する知識を確認し、どのぐらいの理解ができているか自己診断を行う。
3.それぞれの項目に関する回答を行いながら、以下の項目について解説する。
  ・補聴器の仕組み
  ・補聴器メーカーに関する情報
  ・補聴器用電池に関する知識
  ・補聴器の管理に関する知識
  ・補聴器の機能についての知識
  ・きこえに関する情報
  ・故障時の対応
  ・補聴器店の選び方に関する情報
  ・福祉制度に関する知識

◎留意事項
・補聴器の活用については、さまざまな考え方があり、学生の中には補聴器の使用自体に強い抵抗を持っているものもいるため、一方的な考え方を押しつけないよう留意する。
・どのようなきこえの状態であっても、補聴器や聴覚に関する知識を持っておくことは大切であることを伝える。
・補聴器について知識のある学生がいた場合には、そうした学生からの話を引き出し、学生同士の情報交換につなげる。
・講師としては、補聴システムや補聴器フィッティングの知識がある専門家の他、自ら補聴器を活用している聴覚障害成人などにお願いしたい。

指導計画 指導教材 実践例

→ 学んでみよう「補聴システム」/指導計画へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→ エンパワメント支援の実践例/「支援の活用」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学