日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


2. 支援の活用

チャレンジ!「支援の依頼」

 聴覚障害のある学生が、大学の授業や職場の中で必要な情報保障支援を受けていくためには、時として周囲の人々に支援のお願いをしたり、交渉をしなければいけないことがあります。こうした場面では、自らの障害の状態や自分が抱えている困難について、相手にわかりやすく説明をし、具体的に何をどうして欲しいのか伝えていく必要があります。
 本研修では、「授業で字幕のないビデオ教材を使用することになった」という場面を設定し、実際に先生に対して配慮をお願いする際の方法についてロールプレイを通して学習を行います。

◎ ねらい
・状況に応じて必要なサポート方法を判断し、それを相手に伝わるように説明、交渉する方法を学ぶ。
・自分の提案した方法が難しい場合に、相手とのコミュニケーションの中から現実的な妥協案を見いだしていくプロセスについて学習する。
・相手や場面に応じた適切なコミュニケーション方法の選び方や、円滑な話の進め方について学ぶ。

◎ 時間
30分

◎ 役割及び人数

役割 人数 留意点
講師兼司会 1名 情報保障の知識があり、ロールプレイにおいて学生役の発言を分析的に受け止められる人材が適切。
教員役 1名 情報保障の知識があり、ロールプレイにおいて学生役の発言を分析的に受け止められる人材が適切。
受講者 5名程度

◎方法   詳細は指導計画を参照
1.講師は、スライドを用いて参加者全体に研修の流れを説明する。ここでは、参加している授業の教員から「次回の授業で、ビデオを見てその内容について試験をします」との話があったときに、どのような依頼をするかを考えてもらうことを伝える。
2.突然ロールプレイをするのは困難なため、まずはグループでどのような対応を取ればよいか相談する。ただし、今回はノートテイク等の支援はつかない状態で、支援室で字幕作成等のサービスは行っていない設定とする。
3.教員役の先生に対して、実際にロールプレイを行う。この際、両者の間の発言は音声や筆談になるため、これを観察しいる学生に向けてパソコン要約筆記等で会話の内容を伝える。
4.学生役、教員役および観察していた学生達それぞれに感想を聞くとともに、講師よりロールプレイのよかったところと改善点を説明する。
5.同様に2回目のロールプレイを行い、改善すべき点が改善されたかを検証する。

◎留意事項
・講師役には、情報保障についてある程度の知識があり、かつ教員として厳しく学生を指導できる方に担当をお願いしたい。
・ロールプレイでは、できるだけ学生の側から適切な説明を求めこととし、多忙な教員が業務の合間にでも実行できそうな有効かつ合理的な解決策が提示されるのを待つ形とする。
・学生の多くは、「どうして欲しいのか」を伝えることで精一杯となってしまい、その提案が受け入れられない際に交渉に行き詰まってしまうことが多い。そのため、まずは「何に困っているのか」をきちんと伝え、その困難性について理解してもらうことの重要性を伝えるようにする。
・時間があれば、模範例を示すなどして、具体的な解決方法を学べる機会を与えたい。

指導計画 指導教材 実践例

→ チャレンジ!「支援の依頼」/指導計画へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→ エンパワメント支援の実践例/「支援の活用」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学