日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


3. 就職レディネス


 聴覚障害のある学生にとって、将来社会の一員として活躍している自分をイメージすることは非常に難しいことです。特に、身の回りにロールモデルとなる聴覚障害者がいなかったり、同じ悩みを共有できる仲間がいない場合には、「働いている自分」を具体的に想像したり、その場で直面する困難に対して、どのように対処すれば良いのか考えること自体が難しい場合もあります。
 そこで本研修では、ロールプレイ等を用いて将来自分が直面するであろう困難を事前に体験し、実際にどういった場面でどんな問題を抱えがちなのかを知るとともに、その対処方法について考えることを目的にしています。また、世代の近い先輩や、長年社会で活躍してこられた聴覚障害者の話を聞くことで、将来の自分の姿を思い描き、これから準備していくべき課題を発見できるとよいでしょう。

◎ねらい
・学生生活のゴールでもある就職を早めに意識し、実際に困難場面に直面したときにとるべき行動について考える。
・事前に「失敗」を体験し、どうすればそれを回避できるのかを考えることで、就職レディネスの形成につなげる。
・自分にとってのロールモデルを発見し、「働く自分」についてのイメージを作り上げる。

→ 研修の例/緊張の時!「模擬面接」へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学