日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


4. キャリアデザイン

 エンパワメント研修でさまざまな知識やスキルを学んだら、最後に研修の総まとめとしてこれからの自分の姿を具体的に思い描くための時間をとることが大切です。
 ここでは、5・10年後の自分の姿をできるだけ具体的に想像し、それを実現するために必要なアクションを何段階かに分けて検討していくことで、今から取り組むことのできる課題を発見できるよう導きます。講師はコーチングのスキルを応用して、参加者に声かけすることで、より鮮明に自分の将来を思い描くことを手助けします。

◎ねらい
・将来の自分の姿を思い描き、目標に向かって何をなすべきかを見定める。
・一般的な目標と、聴覚障害がある故に必要な目標の両方に目を向け、それぞれについて実現に向けたアクションプランを検討する。
・自分自身の目標を他者に対して説明することで、より自信を持って目標に取り組むきっかけを得る。

→ 研修の例/30歳の自分は?「キャリアデザインワーク」へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
お問い合わせ
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学