日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント 事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


4. キャリアデザイン

30歳の自分は?「キャリアデザインワーク」

 5年後、10年後の自分を思い描き、それを達成するための道筋を明確にすることは、これから取り組むべき課題を発見する上で非常に重要です。
 本研修では、「30歳の自分」の姿をイメージし、自分がどんな仕事をしているか?どんなことを成し遂げているのかを想像することで、そこにたどり着くために必要なステップを考えます。この過程では、自分のビジョンをかなえるために必要な目標を、「一般的な目標」と「聴覚障害がある故に必要な目標」に分けて整理するとともに、こうした目標を達成するために必要なアクションと、このうち今日から取り組むことのできる具体的なアクションを発見します。

◎ ねらい
・将来の自分の姿をより具体的にイメージし、自分自身のキャリアパスを自ら描いていく手法について学ぶ。
・自分のビジョンを達成するために必要な目標を設定するとともに、この目標に向かって取り組むべきアクションを整理する。
・自分自身の目標を他者に対して説明することで、より自信を持って目標に取り組むきっかけを得る。
・他者のビジョンとそれに向けたアクションプランを見ることで、自分に取り入れるべき内容を発見する。

◎ 時間
180分

◎ 役割及び人数

役割 人数 留意点
ファシリテーター 2名 各グループそれぞれ1名のファシリテーターを置く。タイムキーパーも兼ねる。
アシスタント 2-3名 ワーク時、受講生をサポートするブラザー・シスターの役割を兼ねる。
受講者 人数に応じて10名程度のグループに分かれる。

◎方法   詳細は指導計画を参照
<進め方>
1.ファシリテーターはスライド等を用いて参加者全員に対しこれから何を行うのかを説明する。
2.書画カメラを用いてビジョン達成シートの記入例を提示し、それぞれの項目に対する記入方法を説明する。具体的な内容は以下の通り。
〔30歳のわたし(ビジョン)〕
 30歳の自分を想定し、「その頃の自分はどんな仕事に就いているか?」「どんな仕事を任されているか?」「それまでに解決した問題は何か?」「今取り組んでいる問題は何か?」など、できるだけ具体的に将来像を記入する。自分の現在の年齢から換算して、「社会人何年目にあたる年なのか?」「ロールモデルとして話を聞いた先輩と比較して何歳差になるのか?」など、具体的なイメージを与えることで、より鮮明に将来像が見えてくる場合も多い。
〔ビジョンに向けてのゴール〕
先に挙げたビジョンにたどり着くために、達成しておくべき目標をあげ、シートに記載する。ここでは、必要な「知識・経験・資格・スキル」とこれらを得るために活用できるリソースとして、頼りになる「人・組織・機関」を、それぞれ一般的なものと聴覚障害がある故に必要なものに分けて記載する。
〔ゴールに向けたアクション〕
先に掲げたゴールを達成するために、取り得るアクションをそれぞれ1つずつ全部で4つ記載する。
〔今日から実行できるアクション〕
先に挙げた4つのアクションの実行に向けて、今日から取り組むことのできる内容をそれぞれ1つずつ記載する。
3.参加者の様子を見ながら、適宜ファシリテーターやアシスタントが質問を投げかけ、学生の思いを引き出し、それを記載するよう手助けする。
4.記載が終わったら、清書用紙に内容を書き写し、1人ずつこの内容を発表する。発表後、学生同士による質疑応答やフィードバックをうながし、参加者全員の発表を聞く。


◎留意点
・ビジョンはできるだけ具体的に想い描くことができるよう、「その時の自分はどんな職場で働いている?」「会社には何人ぐらいの人がいる?」「同僚はどんな人?」「あなたがしている服装は?」など、さまざまな質問を投げかけ、イメージの構成を手助けする。
・講師・アシスタントは、指導教材の中のキャリアデザインワーク発問シートに記載された発問内容を頭に入れ、参加者の想いを引き出せるよう随時質問を行う。
・発表時には、学生の記入したシートを書画カメラを用いてスクリーンに投影し、全員がわかるような方法で発言するよう伝える。
・発表後のフィードバックでは、学生の自発的な発言をうながすとともに、発表に対して一切批判を行わないことをルールとする。
・最後に、「この日集まった学生達ひとりひとりの生き方が、これからの聴覚障害者のモデルになる」ことを伝え、自信と自覚をもって取り組んでもらえるよう励ましたい。
・終了後は、それぞれの目標の進展具合を確認できるようSNSサイトやMLでの情報共有をうながしたい。

指導計画 指導教材 実践例

→ 30歳の自分は?「キャリアデザインワーク」/指導計画へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→ エンパワメント支援の実践例/「4.キャリアデザイン」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学