日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
初めての聴覚障害学生支援
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援FAQ
相談対応事業
相談対応事業バナー
PEPなび
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
オンライン授業コンテンツ
オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

プチ工夫集

その他

職場で周囲の人々に理解をしてもらうための工夫はまだまだあります。ここではその他先輩達が行っている工夫を紹介します。

テーマ 社内外へ障害理解の啓発をするには?
情報提供者 一般企業
プチ工夫の内容 手話や聴覚障害者についての理解の啓発を目的としたHPを作成し、子会社である自社のみならず、親会社やグループ会社にも理解を広めるため、グループ会社全体の社内報に掲載してもらって発信した。
想定される/
認められた効果
グループ会社全体の社内報に掲載されたことで、他のグループ会社に属する健聴社員から、「励まされた」「今まで聴覚障害者のことをよく知らなかったので知ることができた」「手話を勉強してみたい」などという声が寄せられた。

テーマ 障害を「プチ疑似体験」してもらうには?
情報提供者 教員
プチ工夫の内容 スマートフォンにローパスフィルタ処理した音声ファイルと話者が話す様子を収録した読話映像ファイルを保存して視聴させる。
(実はまだ検討中の段階だが有効かも。)
想定される/
認められた効果
手軽に難聴の基本的なイメージをつかんでもらえる。
筆談への必要性や動機付けが増すと思う。

テーマ 職場のレイアウトの工夫は?
情報提供者 大学教員
プチ工夫の内容 自分が気持よく仕事できるための環境作り。
  • 壁または本棚、仕切りなどを背にする。
  • 人、とくに来客、同僚、直接の上司などの動きが自然にわかるよう、最大の視野を確保する。
  • 窓ガラスから入る、あるいは反射してくる光線による支障が出ないようにする。
  • 電話機は自分の机には置かない。
想定される/
認められた効果
周りの動きが自然にわかりにくいことからくる不要な不安感の解消

テーマ 部署の座席位置の工夫は?
情報提供者 一般企業
プチ工夫の内容 あらかじめ、部署の座席レイアウトを見た上で、自分にとって来客等が視覚的に分かりやすい位置、かつ上司や同僚の顔が見えてコミュニケーションがとりやすい座席はどこかを考えて、座席の位置を考慮してもらう。必ず、その理由を一緒に働いている人間に伝える。
想定される/
認められた効果
窓口に自分が背を向けているという理由で来客に気がつかないというようなことはなくなった。また、座席位置を考慮してもらったことで、部署の中で誰よりも早く来客に気がつくことができるようになった。

→ 社会で活躍する先輩達/古屋貴恵氏(ろう学校・教諭)へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る



オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集

NEWオンラインで行われる授業での支援方法について、情報発信するページを新設しました。内容は随時更新する予定です。

ロゴ
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2020 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学