第18回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム

テーマ「支援をつなぐ、支援でつながる 聴覚障害学生を中心に」

本シンポジウムは、全国の大学における聴覚障害学生への支援実践に関する情報を交換するとともに、本ネットワークの活動成果をより多くの大学・機関に対して発信することで、今後の高等教育機関における聴覚障害学生支援体制発展に寄与することを目的としています。多くの皆様のご参加、ご視聴をお待ちしております。

主  催

  • 国立大学法人 筑波技術大学
  • 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)

対 象

  • 全国の大学等で障害学生支援を担当する教職員、及び聴覚障害学生、支援者
  • その他高等教育機関における障害学生支援に関心のある方々

開催期間

2022年11月から約1か月間程度(各企画により配信期間が異なります)

参 加 費

無料

プログラム

配信型企画ならびに参加型企画を実施いたします。映像配信を行うものにあたっては、手話通訳及び文字通訳をあわせて配信するとともに、資料は電子データでの配布を行います。

配信型企画

企画1「今さら聞けない?今だから聞ける?情報保障技術のあれこれ―みなさんの疑問・質問に答えます 」

情報保障技術(遠隔情報保障、音声認識、補聴援助システムなど)について、参加者から事前に寄せられた質問に回答します。回答にあたっては実際に機器をお見せしたり、専門家からのご意見をうかがうなど、明日からの支援につながる情報提供を目指します。

形式: 事前収録動画の配信
配信期間: 2022年11月下旬~12月下旬(予定)
講師: 調整中
企画2「コロナ禍から見えるこれからのエンパワメント―主体性を育てる支援のゆくえ―」

対面でのコミュニケーションがしづらくなったコロナ禍において、聴覚障害学生とどのように向き合ってこられたのか、その実践をおうかがいし、学生の主体性と支援のあり方を考える座談会企画です。

形式: 事前収録動画の配信
配信期間: 2022年11月下旬~12月下旬(予定)
講師: 調整中
企画3「『つなげる』『つながる』を支援の力に―聴覚障害学生・支援学生にとっての支援活動とは、を聞く 」

聴覚障害学生や支援学生のみなさんから、各大学の支援活動について紹介してもらい、あわせて、学生のみなさんにとって支援活動とはどのような意味を持つのか、どのような思いを抱えながら活動に向き合っているのか、など、その「思い」を聞かせていただく企画です。

形式: リアルタイム配信ならびにアーカイブ配信
配信期間: 2022年12月上旬~12月下旬(予定)
講師: 調整中
参加申込み

配信型企画の申込受付は、10月頃から開始する予定です。

参加型企画

聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2022「届けよう あなたの想い 川柳で」

「聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2022」を実施します。
詳細は 「聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2022」のページをご覧下さい 。

ページ上部へ